ミューズリー ~ 素朴なおいしさが癖になる

f:id:blackiex:20151205135003j:plain

いつからか、ミューズリーは自分で作るようになった。混ぜるものを好きなように選べるから。健康のためとかではなく、単においしいから食べている。素朴な味がしみじみおいしい。牛乳を入れてから長めにおいて柔らかめにして食べるのがお勧めだ。

基本的な材料はオートミールに好みのナッツとドライフルーツだが、私は多めのきな粉とすりごま、そして蜂蜜を少し加える。フライパンで炒って作るので、グラノーラミューズリーの中間的なものかもしれない。

 

材料の分量は適当で普段は量らないが、目安として…

オートミール             200g

レーズン                              25g

アーモンド                           25g

くるみ                                  25g

きな粉                         大さじ2杯

すりごま                      大さじ2杯

オリーブオイル          大さじ2杯

蜂蜜                            大さじ1杯

シナモン(好みのスパイス) 少々

 

① レーズンとナッツは刻んでおく。

② フライパンで温めたオリーブオイルに蜂蜜を溶かす。

③ ②にオートミールを入れ、パサパサになるまで炒る。

④ レーズン、ナッツを加え、さらに1分ほど炒る。

⑤ 火を止め、きな粉、すりごま、スパイスを混ぜる。

⑥ 冷めたら容器に移す。

 

ココナッツ・フレークなどを加えることもある。きな粉とすりごまを使うのは一般的ではないかもしれないが、コクが増して複雑な味になる。その時々で違う材料を試してみるのも楽しい。最近は栗の粉をまぜてみた。この量を作っても、10日ほどでなくなってしまう。小腹がすいたときの間食としては食べ過ぎかな。