読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一昨年買ってよかった物

パナソニックの口腔洗浄器 。 

買ったのは1年ちょっと前。破折歯接着治療をしたのがきっかけだ。

 

歯が割れたら抜歯するしかない?

冠を被せていた奥歯に違和感があるので調べてもらったら、歯根がたぶん割れているので、すぐにというわけではないが抜歯するしかないと2軒の歯医者で言われた。抜いてしまったら、その後はインプラントかブリッジというのが一般的だ。どっちにしても気が重く、いろいろ調べながら先延ばしにしていたら、破折歯接着治療というのをやっている歯科医院が近所にあることを知った。

 

破折歯接着治療とは

割れた歯根を抜き、洗浄してから割れた部分を接着して歯茎に戻す治療法。不思議なことに、これが根付くのだ。私の場合は割れてから2年くらい経っていたので、定着するかどうかわからないと言われたが、ダメ元でやってもらったら幸いうまくいった。奥歯は根が3つに分かれているので、再植した歯根とそうでない歯根に土台を作って一つの冠を被せる。一つの歯の中でブリッジにするようなイメージだ。

歯茎に接した中間部分を清掃できるように、間に穴が開く形になる。この穴が4Sの歯間ブラシがようやく入るくらい小さいのだ。ここをきれいに清掃していないと、せっかく再植した部分に細菌が入り、ダメになってしまうそうだ。歯科では「歯間ブラシで」と言われたが、それだけでは不安なので水で洗浄できる口腔洗浄器を買った。  

 

こういう器具があることは、数年前に読んだ本で知った。著者が紹介していたのは、確かオムロン製だったと思う。歯の治療にかかる出費は痛い。貧乏人こそ日々の歯のケアに神経を使え、というのが山崎氏の考え。 

治療中は毎食後の歯磨き後に。今は就寝前の歯磨き後の仕上げとして使っている。マウスウォッシュなど使わなくても、起床時の口の中はすっきりだ。

 

歯並びの悪い人や矯正中の人にも

私は下の前歯の歯並びが悪く、歯が重なってくっついている部分の着色が内側から見えた。これが歯医者でもどうしても取れなかった。デンタルフロスに研磨剤でも付いてない限り、この着色を取るのは無理だと諦めていたのだが、ドルツをしばらく使っているうちに、気にならない程度まで薄くなっていた。水の力はすごい。

昔から歯には(経済的にも)泣かされてきた。若い頃にこれがあったらなぁ、と思う。