読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人で参加、5泊6日の船旅 ~ ④ 2日目 舞鶴から観光ツアー

9月9日

 

唯一、午後入港(13時)の日なので、ゆっくりできる。天気もいい。

f:id:blackiex:20160923125247j:plain

 

8時半に5階のレストラン(シンフォニア)へビュッフェの朝食を食べに降りた。ここは夕食にも利用されるレストランなので、テーブルも案内されるしクロスも敷いてある。昨夜の食事の憂さを晴らすように、たくさん食べた。

 

朝食後は船内を見て回った。

f:id:blackiex:20160923125333j:plain

船尾のカフェ

f:id:blackiex:20160923125533j:plain

いい眺め! ずっと海を見ていたいけど、船の中もいろいろ見たくて、またバタバタと動き回る。図書室など使いもしないのに、一応見にいった。ほんっと、貧乏性。

f:id:blackiex:20160923130134j:plain

コンコルド劇場

 

あっという間にお昼。プールサイドでローストポーク的なものを切り分けている。それプラス、スイカとメロンも食べる。

f:id:blackiex:20160923130015j:plain

お水が欲しいので、11階のビュッフェへ昼食のはしご。グラタン、アーティチョークのサラダ、ズッキーニのガーリック炒め、ケーキなどもお腹の中へ。昨日の夕食よりずっとおいしい(しつこい?)。でも11階、12階の軽食レストランはランチの時間になると混んでいて、席が確保しにくいのもまた一人の辛いところ。

 

13時にツアーの集合場所、フェスティバル劇場へ。私が申し込んだツアーは「日本三景天橋立』と歴史的建造物『伊根の舟屋』めぐり」($89 所要時間6時間)。バスの番号ごとに分けて下船するものの、階段から出口にかけて混雑。こんなに大きい船でも、乗下船口はひとつなの?こりゃ、大変だ。

 

バス数台を連ね、出発!ガイド付きツアーなんて、修学旅行を除けば小学生のとき以来だ。昔はガイドさんの話なんて聞いてなかったし、やたらと歌ばかり歌ってる印象だったけど、大人になってからこういうのに参加してみると、なかなかいいものだと思った。この地方の話がいろいろ聞けて、興味深かった。窓から眺める町並みや家の造りも北海道とは全然違う。

 

そういえば、ガイドさんが「みなさんは全国各地からいらっしゃってるんですか?」みたいなことを言ったとき、隣の席の女性と「どちらから?」とちょっと話をした。その方は「私は広島なんです。カープ。」と、自分の名前より先にカープ(笑)。カープの優勝が決まったのは、この次の日だったかな。テレビが見られないからなおさら、カープのことが気になってしょうがなかったとみえる。

 

伊根へ向かう途中、由良川橋梁という、海面のすぐ上を通る橋梁を車窓から見た。帰宅後、17日の日経新聞土曜版プラスワンの「何でもランキング(鉄道橋)」で、この橋が5位に入っていた。橋の名前は覚えていなかったけど、写真でわかったよ。なんか嬉しかったな。

 

伊根湾で遊覧船に乗る。カッパえびせんを主食とするカモメ(ガイドさん談)が追っかけて来る。

f:id:blackiex:20160923130507j:plain

f:id:blackiex:20160923130537j:plain

舟屋

f:id:blackiex:20160923130622j:plain

こんな家に住むのはどんな感じなんだろう。舟屋のうち、旅館になっている家が一軒あるそうだ。中を見てみたいなぁ。

 

次は籠(この)神社にお参りしてから、天橋立を望む展望台がある笠松公園へケーブルカーで。

f:id:blackiex:20160923130711j:plain

f:id:blackiex:20160923130735j:plain

天橋立。3.6kmの砂嘴

この展望台では名物の「股のぞき」という見方があって、みんな試してたけど、一人でそんなことやるのも恥ずかしいし、写真を逆さまにして見れば同じだろうと思っていた。

f:id:blackiex:20160923181106j:plain

こんな風にね。が、今日のニュースでタイムリーな話題が!

22日に授賞式があった「イグ・ノーベル賞」で、「股のぞき」による物の見え方の変化を実証した立命館大学大阪大学の教授が「知覚賞」に選ばれた。「股のぞき」をすると、物の大きさは実際より小さく、距離は近く見えるそうで、この見え方の変化は体を逆さにすることによる感覚の変化によるところが大きいという。

写真を逆さにするのとは見え方が違うんだ。。。何でも体験してみるものだなぁ。

 

この後は天橋立の反対端の智恩寺にお参りした後、自由に散策。時間が短いので、廻旋橋と大天橋を渡って少し先まで歩いたところで引き返した。

f:id:blackiex:20160923131026j:plain

レンタサイクルのお店がいくつかある。3.6kmなら自転車でちょうどいい距離だし、気持ちよさそう。グループツアーだと自由時間が短くて、そういうことができないのが残念。

f:id:blackiex:20160923131210j:plain

ツアーの人達は、みんなさっさと引き上げてしまったようだ。橋を過ぎた先まで歩いて来た人は私以外いないのかと思っていたら、確かさっきケーブルカーで隣だった女性が一人で歩いていた。一人旅仲間発見!?声をかけてみると、一人だと言う。やったー!「もし良かったら、今晩夕食をご一緒しませんか?」と言うと、快諾してくれた。鹿児島から来たOさん。クルーズには2人で参加していて、お友達(Kさん)はツアーに参加せず、自分で観光しているのだそうだ。Kさんは先に船に戻ってる予定だから、食事も先に済ませることになっているという。とりあえず、今日だけでも一人の夕食は免れた。

 

船に戻ったのは7時40分。8時10分にレストランの前で待ち合わせることにした。大急ぎで身支度を整えなきゃ!食事が一人じゃないと思うと心が軽い。ドレスコードは「カジュアル / 浴衣(お持ちであれば)」となっていた。浴衣の日があるなんて知らなかったけど、Oさん達は「浴衣の日」の他に「(あれば)白い服の日」もあると事前に旅行代理店から聞いていたそうだ。

 

レストランに行くと、Oさんと一緒にKさんも。電車の本数が少なくて、予定より帰りがずっと遅くなってしまったそうだ。ガイドさんも「電車は1時間に1本」と何度も言ってたっけ。そんなわけで、3人で食事。昨日は品切れだったスパークリングワインをグラスで注文($6.99 サ料込$8.04)して乾杯!ハムの盛り合わせ、ミックスサラダ、トマトのスープ、チキンのオレンジソースグリル(?記憶が曖昧)、クリームキャラメル(カスタードプリン)、フルーツ(メロン、スイカ、ドラゴンフルーツ)。 

 

お二人のおかげで楽しい夕食になった。自由人のKさんは天橋立を片道自転車で走ったそうだ。いいな~。翌日の寄港地金沢ではKさんも私も自由行動の予定だったので、一緒に行くことにした。