読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人で参加、5泊6日の船旅 ~ ⑥ 3日目 金沢を自由散策

9月10日

 

9時に金沢着。ツアーの人達の下船が終わった頃を見計らって、9時半にKさんと金沢の散策へ出発(Oさんは白川郷のツアーに参加)。船から下りると、加賀友禅の着物姿の人達が並んで出迎えてくれた(舞鶴では幼稚園児が旗を振ってくれた)。たいした客じゃないのに、恐縮です。船からは15分ごとに金沢駅までのシャトルバスが出ている(往復500円)。駅までは12,3分だったかな。

f:id:blackiex:20160927190026j:plain

金沢、暑~い! 北鉄バスの一日フリー乗車券(500円)を買う。

 

まずは近江町市場。

f:id:blackiex:20160927190129j:plain

北海道とは売ってる魚の種類がけっこう違う。

 

再びバスで香林坊まで行き、武家屋敷跡へ。

f:id:blackiex:20160927190221j:plain

f:id:blackiex:20160927190251j:plain

雰囲気あるなぁ。でも暑いよ~!エアコンの効いた長町武家屋敷休憩館で体を冷やす。

 

f:id:blackiex:20160927190326j:plain

足軽記念館の中。「こういう小さい家、落ち着く~」とKさんとどっかり腰を下ろしてくつろいでいたら、いつの間にかお昼を過ぎていて大慌て。まだまだ予定はあるのにゆっくりし過ぎちゃった。

 

金沢21世紀美術館

f:id:blackiex:20160927190410j:plain

無料区域だけ見る。有名な「スイミング・プール」は上からだけ。中(地下)は展覧会チケットを買わないと入れないのでパス。

 

f:id:blackiex:20160927190444j:plain

「ブルー・プラネット・スカイ」これ、見たかったんだ~。上半分が白い四角く大きな部屋の天井に正方形の大きなくり抜きがあるだけ。壁に沿って腰掛けられるようになっていて、みんなのんびり上を見ている。写真だと、周りが暗く写って空の明るさが映える。宇宙ステーションの窓から見た地球みたい。「青い惑星の空」という作品名なのが納得だ。こんな風に切り取るだけで、普通の空がいつもと違って見える。すごいアイデア

この美術館を観ている最中に、カメラのSDカードに不具合が。カードを取り出して内蔵メモリーで撮り始めたけど、これまで撮ったものがダメになった(とその時は思った。後に復活。)のがショック。安いカードを買ったことを後悔した。

 

隣の兼六園へ。

f:id:blackiex:20160927190536j:plain

日本庭園は正直あまり興味ないけど、金沢まで来たら見ておかないと。

f:id:blackiex:20160927190610j:plain

 

金沢一の名所なのにささっと短時間で回り、次は腹ごしらえ。常に食い気優先。数日前に見たばかりの「マツコの知らない世界」で紹介されていた(こればっかり💦)加賀守岡屋の焼きいなりが兼六園そばのお店で食べられる。

f:id:blackiex:20160927190718j:plain

紺屋坂途中にある金沢兼六屋。厚揚げのいなりずし(350円)。店内で食べられる。マツコの番組で紹介されてから工場はフル回転だそうで、私たちが行ったときは「ちらし」しかなかった。本当は「ホタテ」が食べたかったけど、まあいいや。ちらしもおいしかったです。

 

この後、またバスで泉鏡花記念館へ。Kさんの希望。私はむか~し「高野聖」を読んだ記憶しかないので「時間があったら来ようかな」程度に思っていた。他の作品も読んでおくんだった。1日フリー乗車券を持っていると、入場料が割引になる。

 

ここのすぐ先に主計町茶屋街があるので寄ってみた。

f:id:blackiex:20160927190803j:plain

川沿いの家並みが素敵。初めの予定ではひがし茶屋街だけ見るつもりだったけど、ここにも来てみてよかった。 

 

ひがし茶屋街は橋を渡ってすぐ。やっぱりスケールが違う。時代劇の世界に入ったみたい。

f:id:blackiex:20160927191013j:plain

ここで今度はカメラの内蔵メモリーが一早くもいっぱいになってしまい、仕方なくガラケーで撮った。もう時間がなくて、小走り。駅から船までのシャトルバスの最終便は18時。これに遅れることはなさそうだったが、途中どこかでSDカードを買わなければならないので焦った。船内には、こういうちょっとした物を売ってるようなお店が皆無で、あるのは高級ブランド店のみ。日本の船だと、こういう点は違うのだろうか。

 

茶屋街を出たところのバス通りで地図を見ながら「ここのバス停でいいのかな?」とKさんと話していると、私達の様子に気が付いた通りすがりの小学生の男の子が「ここのバスは駅に行きませんよ」と駅行きのバスが停まるバス停を教えてくれた。なんて親切ないい子なんでしょう!!

 

バス停は行列で、乗り切れずに一本見送った。なにか行事があるのか、浴衣姿の女の子が多かった。駅に着いたらすぐに案内所でコンビニの場所を訊いてダッシュ。日本製のSDカードを買い、無事シャトルバスに乗れた。

f:id:blackiex:20160927191134j:plain

乗船前にようやく船を前方から撮る機会が。ツアーに参加していると、こんなことをする暇もない。道を訊いたりして土地の人と接する機会も少しあったし、やっぱり自由行動はいい。出会った人達はみんな親切だった(特にあの男の子、ありがとう!)。町並みも魅力的。またゆっくり観光に来たいと思える街だった。

 

船に戻ったのは6時頃。シャワーを浴びて身支度。この後、夕食まで何をしていたのか、全く記憶がない。もしかしたら日記をつけてたのかな?この日のドレスコードは「カジュアル / ホワイト(お持ちであれば)」とあった。またOさん、Kさんとご一緒させていただいた。副船長がカメラマンと各テーブルを回り、一緒の写真を撮ってくれる。副船長に合わせてこちらもピースサイン(買わないけどね💦)。

1時間半かけてゆっくり食事をした。それでもせいぜい9時半過ぎだし、それ以降は船内のイベント等に参加したわけでもないのに、どんなに急いでも寝るのはいつも深夜を過ぎてしまう。寝る前にもう一度シャワーを浴びてたし、私は元々身支度が遅いというのはある。でもそれにしてもなぁ。。。時間の流れが不思議と速い船上生活なのだった。 

 

f:id:blackiex:20160927191401j:plain

ひがし茶屋街で買った金箔入り飴。船内持ち込みに成功(笑)。