読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓辺で苗作り ①  ゴーヤの種播き

ゴーヤはこれまで毎年直播きだった。直播きだと発芽率の見当がつかないので、今年は室内で苗を作ってみようと、百円ショップで種と培養土を買った。

f:id:blackiex:20170402175635j:plain

種は一袋に3~4粒しか入ってない年もあったので、多めに用意した。今年は6~9粒入っていた。

f:id:blackiex:20170402175736j:plain

ポットは家にあったプラスチックのカップで代用。底が思いの外丈夫にできていて、最初はカッターとプラスのドライバーで穴を空けるのに手間取った。早くも挫折しそうになったが、2個目、3個目と進むうちに熟練して、ささっとできるようになった。何事も慣れだなあ。

f:id:blackiex:20170402175801j:plain

ポットの底に石を入れるように書いてあるので、家の周りに敷いている石の中から小さい物を選んだ。結構面倒。寒いし。これも何度かやるうちに慣れて手早くなるんだろうか。節約は手間がかかる。

f:id:blackiex:20170402175850j:plain

種を並べて軽く土をかけ

f:id:blackiex:20170402175920j:plain

水をたっぷり。。。が、あっと言う間に流れ出てしまう。水はけがいいというより、水を弾いてる。コーヒーを淹れてるみたいに見える。

f:id:blackiex:20170402175954j:plain

透明なので、土の湿り具合がわかっていい。これが見えなかったら、下から水が出てきただけで安心していたかも。

f:id:blackiex:20170402180050j:plain

でも何度水をやってもサ~ッと通過して、土が湿らないので諦めた。

これでいいのか? そして、透明な容器は土の状態が見えるのはいいが、土に日が当たるのは大丈夫なのだろうか。なんかわからないけど、ま、いいや。

 

これでうまく芽が出てきたら、ミニトマトでもやってみるつもり。