なんだか落ち着かない今日この頃

父が脳梗塞の原因となっている心臓の手術を受けることが決まり、年明け早々外来での検査に次ぐ検査で1月はバタバタと過ぎた。本当は去年の秋頃にこの手術をする予定でいたのが、最後の最後に受けた心臓エコーの検査結果が思わしくなく、延期になっていたのだ。その後、改めてワーファリンの量の調整をして、ようやくゴーサインが出たというわけ。

 

それにしても、手術前の一連の検査項目の多さと言ったら。。。付き添うだけでもぐったり疲れるんだから、高齢の父の疲労はいかほどかと気を揉んだが、なんとか乗り切ってくれてほっとしている。父の話によると一番苦しいのが経食道心臓エコーだそうだ。更に今回は2回の検便のうち、1回分に血が混じっていたということで、胃と大腸の内視鏡検査も加わってしまった。

 

大腸の内視鏡検査では、ちょっとドキッとすることがあった。手術を受けるのは脳神経外科なのだけれど、胃と腸の内視鏡検査と口腔外科(口腔内環境も調べるのだ)は別の病院を紹介されていた。麻酔を使っての大腸の内視鏡検査が終わってリカバリー室で父が眠っているときに、看護師が私に「入院して手術になるかもしれません」と告げに来た。「この病院に、ですか?」と訊くと、そうだと言う。グーグー眠っている父は起こされて、診察を待つように促された。そしてまだ朦朧としてふらつきながらトイレに行っている間に呼ばれてしまい、順番を変えてもらった。「胃カメラのときは検査後リカバリー室で1時間休んで、それから診察まで2時間以上待ったのに、今回こんなに早く呼ばれるのは即入院だからなのか?」と不安になる。が、医師の話を聞くと「小さな良性のポリープがあるが、出血の原因ではない。取るのは心臓が良くなってから、1年後でも良い」ということだった(今は服用しているワーファリンの量が多いので、切除はしない)。看護師さん、驚かせないでよ~!検査をしたのと診察室で話をしたのは別の医師だったから、検査をした医師はこれが心臓手術前の検査だと知らなかったのだろうか。でもまあ、大事(おおごと)にならなくてよかったよ。。。

 

入院、手術の日程も決まり、あとはまな板の鯉。心配してどうなるものでもない。一カ月後に父が無事退院していますように。

積雪ゼロのクリスマス・イブ

24日の札幌の積雪はゼロ。観測初らしい。

 

きのとや本店の駐車場の木を利用したクリスマスツリーは派手なオーナメントがないところがいいんだけど、雪がなくてライトもついてないとただの木。

 

大竹製麺所へ年越しそば(冷凍しておく)を買いに行ったついでに、サッポロファクトリーに寄った。

広尾町のひろおサンタランドから寄贈された15メートルのトドマツだそうです。

初めてのニシン漬け作り

晩秋には両親が毎年ニシン漬けを作るのが恒例だった。10年程前だったろうか、母が材料を父に渡し、父が樽に詰めるといういつもの役割分担で作業していた二人。漬け終わったところで、母が塩と間違えて砂糖を手渡していたことが判明。材料を全部洗って漬け直しとなった。母は「手渡されたのが砂糖だと気付かない方が悪い」と開き直り。普段は怒ることのない父が珍しく怒っていた。その年の出来について母は「砂糖で作っても美味しかったよ。」と言っていた。しかしこの事件で嫌気がさしたのか、両親はそれ以来ニシン漬けを作らなくなったのである。

 

そんなわけで、私にとってニシン漬けは「親が作るもの」だった。買って食べるものではないし、自分で作ろうという気になったこともなかった。それが今年、作ってみる気になったのは、叔父が家庭菜園で作って時々持ってきてくれる大きな大根の消費が追い付かなかったからだ。大量の大根を使う料理は何かと考えていて「ニシン漬け!」ということになったのだ。母に材料の分量を訊いたが「そんなのは適当だよ」と言うのでネットで調べたが、家庭や店によって様々。塩の量は野菜と米麹の量の2.6%にすることにして、あとは適当。親が作っていた頃の三分の一くらいの量にした。作ったのは11月9日。備忘録としてここに書いておくつもりだったのに、ぐずぐずしているうちに大根が1本だったのと全部でおおよそ4kgだったこと以外、量を忘れてしまった。

 

メインの材料は 大根、キャベツ、人参、身欠きニシン(1~2晩、米のとぎ汁に浸してから鱗を取る)

他に 米麹、麹用ぬるま湯、しょうが、鷹の爪、昆布、砂糖少々(砂糖は入れないレシピもある。私は大匙1程を麹に混ぜ込んでみた)

写真では見切れていますが、キャベツは大量です。

人参、しょうが、昆布は千切り。鰊は腹骨を取った(柔らかくなるので取らなくてもよかったかも)。

 

野菜が4kgだと塩は100gちょっとになる。塩が少なくて不安。小さめの樽にビニール袋を入れ、大根→キャベツ→ニシン→人参→麹→大根…のように塩を振りながら順に重ねていく。

 

車庫に持って行って重石をした。一日経つと水が上がってきているはず。。。

 

翌日、様子を見てみると、思ったほど水が上がっていない。やっぱり塩が少なかったのかなと、大匙1杯分足した。すると、その次の日には水に浸かっていた。寒かったので氷が張っていた。

 

11月15日(6日目)。ちょっと早いけど出してみた。

私はこのくらいの浅漬けが好き。キャベツがザクザクしていておいしい。ただ、塩を足したのは失敗だった。母は「これから馴染んできて、塩気は気にならなくなるよ」と言っていたが、私にはちょっとしょっぱい気がする。後で叔母に話したところ、1日目で水が上がらなかったのは重石が軽かったせいではないかと。もっとぎゅーぎゅーに押していいらしい。

この日から毎日食卓に上がるように。親がすごく喜んで食べてくれて、作った甲斐があった。ボリュームがあるので、おかずが一品増える感じになるのも便利。ある程度嵩が減った10日目にジップロックに詰め替え、車庫から冷蔵庫の野菜室へ。

2週間くらいで食べ切った。後の方になるにつれて父は「だんだん旨くなってくるなあ」と言っていた。酸味が出てくるので、この辺はそれぞれの好み。

 

初めてにしては、まずまずの出来だった。来年も作ってみようかな。

暑さも寒さも気温だけではわからない

最高気温が氷点下の真冬日が続いている。今日も真冬日だったようだけど、晴れていたので昼間の家の中は暖かかった。私の部屋のベッドサイド(東側)に置いている目覚まし時計の温度計が32℃になっていた。暖房は入れていない。

暖かいとは感じていたけど、まさか30℃越えとは。温度計が壊れたのかと思った。

 

家の中は陽射しのあるなしで気温が全く違う。外気温がそれほど低くなくても、晴れていないと結構寒いし、今日のように晴れていればポカポカだ。外なら陽射しに加えて風の強さが影響する。昨日は確かに寒かったけど、今日は風もほとんどなかったので、外も短時間なら暖かく感じた。真冬日だからといって(体感として)寒いとは限らない。

 

暑いのがとにかく嫌いな私は、夏に32℃なんて気温になったら「キィ~~ッ!」て感じでイラついてくるし、それ以上になると怒る気力もなく、ぐったりするだけなんだけど、同じ気温でも冬なら「ポカポカして気持ちいい」となる。「冬の北海道のあるある」でよく言われる”半袖、短パン”姿などではもちろんない。ちゃんとヒートテックにセーターという冬装備なのに32℃を苦痛に感じないって、本当に湿度だけが原因だとは信じられないくらい不思議なのだ。

 

昨日、ローカルのテレビ番組の視聴者参加コーナーで「あなたの冬の楽しみは?」みたいな質問に「道外出身(場所は忘れた。横浜だったかな?)なので、寒くて楽しみはありません」と答えていた人がいた。そんなに寒いか?と私は思いましたよ。関東だって結構寒いって聞くけどね。特に家の中は。それに外は乾燥していて風が強いっていうじゃない?

なんか、東京オリンピックのマラソンの件で「いや、札幌だって暑いだろ」っていうのに似てきたな(笑)。暑いったって、東京の暑さとは違うわ!というのと同じで、道外出身の人も「ここまで寒くないわ」というところなんでしょうね。

ピアノ再開後の壁 その②  変化記号の多さにビビる

再開後というより、元々♯、♭(以下、変化記号)が多いのは苦手。楽譜で一番最初に目が行く部分だ。今は昔以上に「うっ」となる。それなのに、弾きたい曲に限って変化記号が多い。ほとんど手を付けていない昔の楽譜の中にいい曲があって、弾いてみたくなった。バッハの平均律ピアノ曲集1の中の Prelude No.8


楽譜は 

超スローテンポで、音も少ないので特に苦労しなかったし、指が覚えてしまえばどうってことない。でも久し振りに弾いてみようとすると、いつものことながら指が忘れてる。そういうときに譜読みをやり直すのが「あ~、またか。。。」って感じでうんざりなのだ。さすがに一からやり直すのとは全然違うけど、変化記号が少ない曲より脳の負担が大きい。

 

変化記号が多くても楽々弾けるようになる方法を説明しているサイトがあって、見てみたけど、私の頭では理解できなかった。私の場合はそのまま「ドとファが♯」とか、逆に上のような調だったら「ファ以外♭」と、曲に慣れるまでは常に意識しながら弾いている。もっと簡単な考え方が常識なんだろうか、と今になって疑問を覚えてきた。ピアノを習っていた頃、引っ越しなどで先生は何人も変わったけど、そういうことを教わったことはなかった。いや、先生が変わったからこそ、基本に穴があるのだろうか。でも変化記号が多い曲は嫌だと言っている人は多いしなあ。その証拠に、同じ教本の中にこんな曲があり

読譜を容易にするために」と、調を書きかえたものが巻末に加えられている。それがこちら

むむむっ。。。これ”容易”になっていると言えるのか?前者は「全部♯」で後者は「ドとファ以外♭」。どっちが楽かと言えば、私なら元の方が楽なような気がする。「この音を♯とか♭」と意識する以上に「~以外」というのが嫌なのだ。でも調の捉え方って本当にこんな幼稚なやり方でいいんだろうか、と元の疑問に戻る。う~ん。やっぱり先生についた方がいろいろ質問できるし、いいのかなあ。いや、そりゃあいいだろうけど、ハノンやらされたりしたくないなあ。しかしそれ以前に、先生についたりする経済的余裕なんてないのであった。

石田組のビオラ奏者よ、もっと前へ!

15日のNHK「ららら♪クラシック」で石田組という弦楽アンサンブルが紹介されていた。 

石田組はヤンキーのコスプレ(?)をした石田泰尚というバイオリニスト率いる男性だけのアンサンブルで、番組の最後にディープ・パープルの「紫の炎」を演奏。聴きどころはビオラのソロ(ギターソロ部分)とのこと。「前に出るように石田さんが手で合図してきて、頭の中が真っ白になりました。」と控えめに語るビオラ奏者。昔々、おとなしかった頃のリッチー・ブラックモアに派手に演奏するよう指示してきたロード・サッチと石田組長が重なるではありませんか。

 

原曲をかなり忠実に再現したアレンジだった。組長も非常に真面目に(笑)ボーカルとキーボードソロ部分を演奏。で、肝心のビオラはというと。。。音、小さっ!せっかくマイクが前方にセットされてあるのに、そこから何歩も後ろに引っ込んだところで遠慮がちに弾くビオラ奏者。お上品すぎ。

 

「BURN」の歌メロって同じ音が続くだけだから単調だし、私はこの曲のリフも特にいいとは思わない。もっぱらギターソロとキーボードソロのための曲だと思っている。ギターソロは勢いがあり、繊細なフレーズもあって、リッチーが乗ってる印象なのだ。ビオラ奏者ももっとガンガン前に出てほしかったよ。

 

数カ月前のコンサートでの動画があったので一応貼っておく。う~ん、バラバラじゃない?「ららら♪クラシック」での演奏の方が揃っていて、ずっとよかった。何テイクも撮ったのかな。それでもビオラの音、小さかったけどね(しつこい)。

 

手作りすると更に美味しいイギリスのビスケット

britisheigo.com

↑これを参考に作ってみたら、簡単な上に既製品より美味しくてリピート。今のお気に入りおやつになっている。この商品は近所のスーパーで売っていないので今はほとんど食べることはないのだけれど、イギリスにいた頃は全粒粉やオーツを使ったビスケットが好きでよく買っていた。 

 

上の日本語のレシピで「オーツ」と書かれているのは、写真でわかるとおり「オートミール」のこと。私はミューズリー用にオートミールを常備しているので、家にある材料で気軽にパパッと作れる。ゴールデンシロップはメイプルシロップとハチミツを混ぜて代用して問題なかった。砂糖はきび砂糖を使用。ゴールデンシロップの原材料もサトウキビだし、このような素朴なお菓子にはグラニュー糖よりコクがあって適していると思う。

ゴールデンシロップ以外でも、好みに合わせてアレンジできるのが手作りのいいところ。私は上のレシピの塩の量を減らし(バターは有塩)、砂糖も100gから70gに。ぎしっとした食感が好きなので粘度のあるハチミツとメイプルシロップを少々多めに。既製品はホブノブにしても全粒粉ビスケットにしても塩気と甘味が強すぎて(要するに味が濃すぎる)、あまりたくさん食べられなかったのだ(どれだけ食べるつもり?)。イギリス人にとっては、この甘じょっぱいのがいいのかもしれないけどね。

 

クルミを混ぜたバージョン↓

生地がかなりべちゃべちゃなのでオートミールを20g追加。水気が少なくなるせいか、ボール状の生地がいつまで焼いても潰れない。それで、膨らんできたところで一旦取り出し、スプーンの背で軽く潰してオーブンに戻している。ウチのオーブンでの焼き時間は17分前後(1個の大きさにもよる)。

これはプレーン。冷凍保存できます。食べるときは自然解凍でOK。ザクザクで美味しいよ。