アガサ・クリスティー「終わりなき夜に生まれつく」の最後と「ボヘミアン・ラプソディー」の歌詞が似ている

映画「ボヘミアン・ラプソディー」のチケットをネット予約し、見に行く予定の日の未明、ベッドの中でアガサ・クリスティーの「終わりなき夜に生まれつく」の原書(原題は"Endless Night")を読み終えた。最後の最後で「ボヘミアン・ラプソディー」(映画ではなく曲の方)とシンクロしていて驚いた。ちょっとネタバレあり。

 

"Endless Night" は若い男性のモノローグ。逆玉に乗り世界有数の富豪となったマイケルは、理想の家に愛する人と住むという夢を実現する。しかしその家を建てた土地にはジプシーの呪いがかけられていた。。。物語の最後、殺人を犯した直後のマイケルの言葉は

"It seems odd, doesn't it, that Greta doesn't matter at all?  And even my beautiful house doesn't matter." (奇妙じゃないか?グレタなんて、もうどうでもいいとはね。 そして僕の美しい家さえどうでもいいんだ。)これ、最後から数行の所です。

そして有名なフレーズであるらしい "In my end is my beginning" というのが引用される。直訳すれば「終わりの中に始まりがある」で、調べてみると人生の循環を意味するとかなんとか。よくわからないけど。

 

殺人を犯した人が " does't matter "と語る(正確には小説の中でも紙に書いている)。ボヘミアン・ラプソディーの歌詞と同じじゃないか!と、その日映画を見に行く予定だったこともあって偶然の一致にびっくりしたというわけ。歌詞では "Nothing really matters" だけど、同じようなもの。しかも、方やボヘミアン、方やジプシー(ボヘミアンにはジプシーの意味もある)。そしてボヘミアン・ラプソディーの方は最後が "Anyway the wind blows" 。「それでも風は吹く」というのは「ちっぽけな個人の人生に何が起きようと、世界は周り続ける」という意味に受け取れる。フレディーが作ったフレーズではなさそう。人生を俯瞰したイメージのフレーズで締めるというのも、なんか似てない?

 

悪い意味で人生が激変したり、何か悲劇的な出来事に見舞われたとき、自分の世界が崩壊しようと他の人達にとっての世界は変わらないのだと感じるのは珍しくもないし、犯罪を犯して人生終わったと思っている人なら「すべてどうでもいい」という心境になるのは理解できる。でも、それにしてもエンディングが似すぎてると思うんだよなあ。ただ、この日に「ボヘミアン・ラプソディー」を見に行く予定でなければ気が付かなかったかも。

 

"Endess Night" の内容に関しては、心理描写は楽しめたものの、ミステリーとしてはイマイチかなと思った。読者を騙す、いわゆる”信頼できない語り手”というやつは好きになれない。「あれもこれも嘘でした」では読んだ意味がなくて虚しい。映画やドラマなら効果的だと思って調べたら、1972年に映画化されていた。グレタ役はブリット・エクランド。女優としては全然知らないけど、昔ミュージック・ライフかなんかのグラビアでロッド・スチュアートと一緒に写ってるのを見た記憶がある。

 

英文の難易度としては、ストーリーに複雑なトリックがあるわけでもないので読みやすい方だと思う。私はたまに知らない単語があったけど、意味が推測できたり、推測できなくても話の理解に支障があるとは思えなかったから辞書は使わなかった。田舎の人やジプシーの話し言葉は文法も標準とは違っている。でも意味はわかる。あとは、やたらと仮定法が多いという印象。"I could never have hated Ellie.(添い遂げたとしても)エリーを憎むことはできなかっただろう。" みたいに、主節だけの仮定法がすごく多い。日本語にするとくどくなるこういう表現、英語だとあっさり言えて便利だと、今さらながら。

 

Endless Night

Endless Night

 

 

20日初雪、21日初積雪、そしてこのまま根雪!?

札幌の初雪はおととい(20日)。1876年の統計開始以来最も遅い初雪だったという。この日は積もらなかったが、翌21日には初積雪。そして今日の夕方から本格的に降り始めている。

 

今日の午前中の中央図書館。雪はうっすらと残っていただけ。

 

19時頃の自宅の木々。すっかり雪景色。

天気予報では明日も明後日も雪。もしかしてこのまま根雪?急だわ~。

数十年振りにピアノを弾き始めると。。。

自分でも驚いたことに、飽きずにピアノの練習を続けている。40年振りくらいでピアノを再開するとどんな感じかというと、まあ、ほとんどリハビリと言ってもいい。脳の障害とかで手が動かなくなった人が訓練するのとちょっと似ているかもと思う。いや、指の動き以前に楽譜が読めなくなっていたけどね(笑)。

 

ほんと、まず楽譜を読むところから四苦八苦。五線譜の文字通り5本の線の範囲内ならぱっと見でわかるんだけど、そこから線が2本も3本も上や下へ行った音符はド、シ、ラ、ソ・・・と数えていき、カタカナでファとか書いておく始末。5か月近く経った今では、まあまあ読めるようになった。思い出したのではなく、弾いてるうちに新たに覚えた感じ。

 

指の動きに関しては、ちょっとした速い動きもできなくなってるだろうと覚悟はしていた。でも実際やってみると、単純にそういうことではなかった。速い遅いではなく、頭が出した指令と違う動きを指がするんだよね、勝手に。自分の指じゃないみたい。

 

そしてこれも予想はしていたことだけど、鍵盤の位置(幅)の感覚を忘れていた。本当に初めのうちはラのシャープを押さえたいのにソのシャープを押さえていたり。なんか響きが変だなと鍵盤を見て気付く。最近はさすがにそういうことはなくなったけど。でも遠く離れた鍵盤に飛ぶとき(左手に多い)は鍵盤を見ないと移動できない。昔は見なくてもできてたような気がするんだけどなあ。いや、やっぱりちらっと見てたのかな?見てたとしても、それが負担になってはいなかったはず。今はこれがかなりネックになっている。鍵盤の位置をちらっと確認するために楽譜から目を離すと、楽譜に目を戻したときにどこを弾いていたのかわからなくなることがある。それが連続すると視線があっちこっち行ってクラクラしてくる。

 

まったく予想していなかったことでやっかいなのは、音感がずれてしまっていたこと。この40年で私の頭の中の音はちょうど一音ずれたようなのだ。例えば"ド"が"レ"に聞こえる。ちょっと楽譜を意識しないでいると、"ド~ソ"と弾いているのに頭の中で"レ~ラ"と歌っている。説明しにくいけど混乱することがあるのだ。ピアノを再開してから YouTube でよくピアノ曲を聴くようになり、楽譜や鍵盤が映っているのを見て確認すると、やっぱり私の音感は一音ずれているのがわかる。なんだこれ?昔はこんなことなかったのにな~。でもこれも最近は"ずれ"が修正されつつあるのか、気にならなくなってきた。

 

あと、最初の二カ月くらいは肩凝りで30分くらいしか続けて弾いていられなかった。猫背になっていた姿勢を直したら1時間程度なら疲れないようになった。プロのピアニストでも猫背の人が多いけど、肩凝らないのかと気になっちゃうよ。

 

もちろん他にもいろいろ問題はある。でも続けているうちに少しずつ問題が解消していくのが嬉しくて新鮮なんだよな~。昔はできていたことだから厳密には"上達"ではないんだけど、昨日できなかったことが今日はできるようになった!一週間前とは全然違う!と実感するのは、年をとってからはなかなかないことだ。

 

こうして色々と乗り越えながら練習しているわけですが、ひとつ乗り越えられない壁が。。。それはドライアイ(と老眼?)による目のかすみ。練習し始めの曲は瞬きしないで楽譜を凝視しているから特に。鍵盤の横のスペースに人口涙液の目薬とティシューを常備。

 

昔みたいに弾けるようになりたいとは思っていない(昔だってヘタだったけど)から気楽なもの。認知症予防用のおもちゃを与えられたような感覚で、再開から4カ月経った今も、時間を見つけては喜々としてピアノに向かっている毎日なのだ。

「さっぽろ創成スクエア」を見てきた

ここ数年、札幌駅や大通駅周辺といった街の中心部に出かけることがめっきり減った。二か月くらい行かなかったりすることも。しかも車で行くことが多く、駐車場料金が無料になる2時間以内に用事を済ませようと急ぐので、必要のない所までのんびり見て回ったりはできない。ふと気づくと新しいビルができていたりして様変わりしている印象だ。

 

先日、父が補聴器を試してみるのに付き合って、時計台の近くの補聴器の店へ出かけた。父と別れた後で久し振りに時計台の中に入ってみることにした。修復を終えたばかりということで、11月と12月は通常200円の入場料が無料という新聞の記事を見ていたのだ(そうでなければ入らない)。中に入るのは20数年前に道外の友達を案内して以来だ。

 

実際はもっと薄暗い。正面の記念撮影用のクラーク博士の像は昔はなかったような気がする。

入口と反対側の出口から出る。裏側ってあまり見る機会ないよね。

 

お馴染みの正面から。以前は空をバックに撮れたのが、今では先月できたばかりの「さっぽろ創成スクエア」というビルが背景に映ってしまうようになった。

 

「さっぽろ創成スクエア」には、本格的なオペラやバレエが上演できる設備を備えた劇場としては北海道初の札幌文化芸術劇場(hitaru)も入っていて、地元ではちょっと話題の複合施設だ。いつかここでオペラを見てみたい(料金が高いんだよね~)。

 

もっと身近な部分では、図書館と地下の(当面?)無料の駐輪場がある。さっそく下見に。

767台も収容できるらしい。下段は空きが見当たらなかった。駐輪場はグランドオープンに先駆けて4月にオープン。そのうち自転車で来てみようと思っているうちに股関節が痛くなり断念。股関節唇損傷と診断され、現在リハビリ通院中。来年の春には自転車に乗れるようになってるといいな。

左側の1階と2階が図書館。飲食物の持ち込みができるのがいい。窓に面した机や右下に見える大きいテーブル席が居心地良さそう。

 

個人的に嬉しいのは、利用しているバスの停留所がこのビルの前にあること。バスの待ち時間を図書館で過ごせるのはありがたい。外が寒かったりするとギリギリまで近くのデパートで時間を潰していて、バス停の前の道路を渡ろうと信号待ちをしている間にバスが行っちゃったことが何度かあるのだ。これからは車よりバス(たまには自転車)で来る機会が増えるかもしれない。

愚痴を吐き出して、ブログ再開

8月の末から二カ月程、ほぼベッドの上で過ごしてきた母が、徐々に居間で過ごす時間が多くなってきた。食事に関しても、ほとんど何も食べられない状態から、最近はある程度普通に食べられるようになった。たまに通院以外の外出もできるようになり、やれやれ、だ。

 

疲労困憊の二カ月だった。母が目眩と吐き気で寝たきりだったときに地震が起き、9月の末には父が数回目の脳梗塞で入院(17日後に退院)。父の入院中に母がベッド脇で転び頭を強打し、救急車を呼ぶ騒ぎもあった。そんな中で、家の周りの地面は地震直後から更に液状化が進み、知り合いの建築士に見てもらったりで、心配事が絶えなかった。

 

母は一時、明らかに言動がおかしくなり、いよいよかと覚悟した。寝たきりが続く間に認知機能が急激に衰え、最悪のときは10分程の会話の中でも同じことを何度も訊ねた。今も少し込み入った話はあまり理解できていないようだ。薬の飲み忘れも多いので(父の薬と一緒に)私が管理するようになった。

 

この程度のことで「親の介護が大変だ」とは言えないだろう。でも私にとって、今の状況でもすでに辛いのは精神的な面だ。私に対する母の暴言が酷いのだ。普段はぼんやりしているのに、そういうときだけパキーン!となって怒鳴り散らす。認知症の症状だろうと言い返さないようにしていると、直後、何事もなかったかのように普通に話しかけてくる。私はまだはらわたが煮えくり返っているというのに。更に、母の頭の中では自分に何か良い事をしてくれるのは下の娘(東京にいる私の妹)と決まっているらしく、何かにつけ「それは〇〇(妹の名前)がしてくれた」と言い張る。いくら私がやったといっても納得がいかない顔をしているのも腹が立つ。

 

母と私は昔から折り合いが悪かった。子供の頃はよく「アンタは嫌いだよ」と言われていた。さっさと家を出ていれば、それ以上関係が悪化することもなかったのかもしれない。表面上はうまく行っているように見えるときでも、心の奥のモヤモヤは消えない。私が執念深いだけなのか。

 

近い将来の本格的な介護のことを考えると気が滅入るけど、嫌な事ばかりに意識が向いているのは体に悪い。母はとりあえずは持ち直していることだし、まだ始まっていないことをあれこれ考えるのはやめようと思うようになった。そして何か書くことで無理矢理にでも気持ちを別な方向に持っていきたいと思うくらいの余裕も出て来た。そんなわけで、しばらく休んだブログを再開します(誰も読んでないけどね)。

ピアノの台座を新しいのにした

地震の片付けは大まかには終わったものの、細かい部分はまだまだ。まとまった時間が取れないと手が付けられない。今日は裂けた壁紙の修復と食器棚に残った細かい割れ物の破片を取り除く作業に着手。食器棚は天井までの作り付けで棚の数が多いので手間がかかる。かなり割れて数が減ったこともあり、食器の定位置も変更。

 

ピアノは脚が四本共台座から外れて壁からかなり離れ、裏側が見えるように。届く範囲で掃除機をかけることができた。

まだ汚いけどね。。。30数年分の埃なんで。

 

どうせ台座に戻すならと、新しいの(インシュレーターっていうの?)を買った。地震でピアノがゴンゴン飛び跳ねるのはもう嫌だからね~。 

定価が18000円なのに4270円で販売できるって、定価が謎です。

受け取った瞬間、重さにびっくり。一個 650gもあるのだ。ゴム製で底はフェルト。

今までのと比較。これだけカップが深ければ、もう飛び出ることもないでしょう。ひとまず安心。

 

ちょうど調律師さんに来てもらう用事があったので、手伝ってもらえて助かった。

床の傷が目立つ。どういう動き方をしたんだ?ワックスでもかけたら少しは目立たなくなるかなと思ったけど、ワックスがないのでサラダ油を伸ばした(笑)。効果なし。。。そのうち補修用のペンでも使ってみるわ。

 

このインシュレーターを使うと一人でピアノが動かせ、掃除が楽になるとどこかで読んだんだけど、一人でなんてとても無理。びくともしない。床にワックスかけてないからか?これに乗せた後で動かして背面を綺麗にしようと思ってたのになあ。

地震から10日経った

お店の商品の品揃えもかなり回復し、以前と同じ生活に戻りつつある。

 

振り返ると、まず地震の24時間前の5日未明は台風による経験したことのない風におののいていた。家が揺すられ、屋根が丸ごと飛ばされるんじゃないかというような持ち上げ感。風が収まる4時頃まで眠れなかった。

12日に撮った写真。たぶん台風の被害。

近所の川沿いの公園の柳の木がほとんど全部倒れていた。桜は無事だったところをみると、柳は根が浅いのかな。ポプラとか、倒れやすい木というのがあるようだ。

 

翌6日の深夜3時過ぎ。私はベッドでまだ起きていた。長く激しい揺れに家がメリメリとねじれるような音をたてる。ゴンゴン、ガシャーンと色んな音がする。上半身を起こしたままベッドにしがみついていた(ベッドもかなりずれた)。後の報道によると、私が住んでいる区の震度は5強。でもウチの辺りは泥炭地だからもっと揺れてたんじゃないかと思う。

 

揺れが収まると下から母が私を心配して呼ぶ声が聞こえた。階下に行くと、食堂の食器棚の扉が開いて大量の食器が床に散乱していた。洗面所では細いキャビネットが斜めに倒れ、角が壁に突き刺さった形になっている。居間には背の高い家具がないせいか何も被害はなかった。まずテレビ(テレビは大きいのも小さいのも無事)をつけて、速報を見る。「停電じゃなくてよかったね」と言い合っていた矢先、消えた。。。慌てて懐中電灯(一階に2個)を出す。そして自分の懐中電灯を取りに二階へ戻り、ベッドサイドテーブルの一番上の引き出しに用意してある懐中電灯を探すが、焦っていることもあり手探りだと思いの外時間がかかる。懐中電灯を探すときって真っ暗なんだね。。。やっと手にした懐中電灯は電池切れで点かなかった。がっくり。

 

断水に備えてバスタブに水を張る(後で見ると茶色い水だった)。それ以外は真っ暗で何もできない。夜が明けるまではどうしようもないからとベッドに横になったけど、ドキドキして一睡もできなかった。

 

明るくなってから他の部屋も見て回ると、二階の納戸が一番酷かった。今の家には洗面所以外、背の高い家具はないんだけど、納戸には前の家で使っていたタンスや本棚が置いてある。それらが倒れてガラスが散乱していた。

タンスの上段が落下して、こけしなどの民芸品が散乱。

 

所々、壁紙が裂けているところがあった。これは階段の壁。

f:id:blackiex:20180917225601j:plain

 家がねじれるような音がしていたけど、実際ねじれてたんだと思う。壁の中、どうなってるんだろう。。。

 

私の部屋に置いているピアノは4本の脚が台座からすべて外れ、10センチくらい動いた。

f:id:blackiex:20180917225314j:plain

地団駄を踏んだような跡。こんな重い物が動くとは。すごい音がするはずだよ。。。

2階の方がダメージが大きく、和室の照明も落下していた。

 

まずは洗面所の倒れたキャビネットと食堂の割れ物の片付け。掃除機が使えないから、ガラスなどの破片を取り除くのが大変だ。次は自分の部屋。スリッパを履いて歩ける程度にガラスを集める。この辺で力尽き、納戸は翌日にしようと父と話す。すでに割れ物のゴミ袋がすごい量。

 

この日は数日前から体調を崩している母が病院に薬をもらいに行く日だった。北海道全体が停電というのはラジオで聞いていたけど、病院は近くだし一応行ってみたいと言うので車を出したはいいけど、信号機の消えた環状通りを渡るのは結構なスリルだった。当然、病院は真っ暗で(自動)ドアも開かない。

 

正直、停電はこんなに長く続くと思わなかった。それでも断水しなかったのが救いだ。水さえあれば、電気なしでも2,3日ならどうにかなる。食事はカセットコンロで調理(普段はIHなので)。冷凍庫と冷蔵庫の中の傷みやすいものから食べていくことにした。でもこの日はみんな食欲がなく、小食だった。飲料水と非常時用の食品はある程度備蓄があったけど、最後まで手をつけることはなかった。家庭菜園の野菜があったのも幸いだった。朝食用に前日夜からお米を水に漬けてあったので、土鍋で炊いたら好評だった(私は食べていない)。暗くなると洗い物もできないので、夕食は4時頃。

 

7時には寝た。少しでも灯りが欲しくてカーテンは開けたまま。後で新聞などいろんなところで読んだ話では、満天の星だったとか。見たかった~!寝不足だったからすぐ寝ちゃって、もったいないことしたな~。

 

この日は絶えず救急車のサイレンが聞こえていた。

 

翌、7日。ようやく家の外周りを見る余裕が。ぐるっと一周、かなり陥没している。

f:id:blackiex:20180917230400j:plain

上に写っている部分は家の壁の下部(コンクリート部分)。

f:id:blackiex:20180917230532j:plain

へこんでいる部分を踏むと、ずぶっと行く。

一番酷かった場所は見た瞬間、怖くて(写真を撮る前に)足で土を寄せて(笑)埋めてしまった。

 

納戸の片付けに着手。明るい時間帯しか作業できないのがやっぱり不便(窓が小さいし)。グラグラになったスチールの本棚は父が解体して廃棄。和タンスも崩れそうなのに、父は外れた引き出しを無理矢理戻して、落下した上部をまた上に重ねてしまう。余震でまた落ちてきたら危ないからと説得して下ろさせるのに2時間くらいかかった。父は耳が遠いので、説得するにも大声で話さなければならない。もうすぐ85才という年のわりにすごく力持ちで助かるんだけどね。

 

電気は午後7時前に復旧。ほっとしたのもつかの間、母が嘔吐。翌日病院が開くのを待つ。土日も午前中はやっている病院なので助かった。8日から昨日まで毎日点滴に通い、日によっては一日に二つの病院をはしご。そんなこともあって、家の片付けはなかなか進まない。 

 

片付けが納戸の次に大変だったのは私の部屋だ。ガラスの置物類が多いのは普段から気にしつつも、まあ大丈夫だろうと高をくくっていたら、全然大丈夫じゃなかった。ガラス以外はあまり物を出しておらず、比較的すっきりしているように見える部屋。しかし実態は、ウォークイン・クローゼットを物置代わりに何もかんでも詰め込んでいたのだ。おかげでクローゼットの中では三方(と上の棚)から崩れていて、ドアを開けたら雪崩のように物が飛び出して来て、唖然。

 

解体した本棚の本や雑誌のほとんどは捨てることにした。来月の資源回収日までに整理し終えなければ。ついでにクローゼットの中の物も思い切って減らす予定。要らない物を処分するいい機会だ。家の中の物、結構ごっそり減ったよ。

 

ひと息ついたら(今回は必要なかったけど)簡易トイレやLEDランタンなど防災用品を買おうと思っている。

 

余震は少なくなってきているけど、地盤が緩んだせいでトラックやバスが通っただけでもかなり揺れるようになった。家をこのままにしていて大丈夫なんだろうか。不安だわ~。