38年振りにピアノを調律してもらった

二カ月ほど前、突然ピアノを再開した。高校3年になる前に先生につくのを辞めてからは、数年に一度ちらっと触る程度にしか弾いていなかった。それがどういう風の吹き回しか、最近は毎日少なくとも1時間は弾いている。そうすると、音の出にくい鍵盤や変な響きの鍵盤があるのがどうしても気になり、長年放置していたピアノを思い切って調律に出すことにした。

 

札幌市内の調律の料金相場を調べると、アップライトピアノで大体11000円から14000円。5年以上調律していない場合の追加料金は2000円とか、1年につき1000円(これは無理!)とか、はたまた上限が明記されていたり、いろいろだ。出張料金は無料というところが多いが、遠いと気の毒なので、比較的近くで料金設定がわかりやすかった所に電話してみたところ「部品を交換しなければならない場合があるので、見てみないことには。。。」とのこと。やっぱりそうだよね。でも極端に高くはならないということなので、お願いすることにした。

 

昔は母が調律の手配などすべてやってくれていたので、ピアノの中にこんなカードが入っていることも知らなかった。

f:id:blackiex:20180805192948j:plain

最後の調律は昭和55年11月18日になっている。このとき、もうピアノは止めていたのに調律に出している。レッスンは辞めてもまだ弾くことがあるだろうと母は思っていたのかな。。。

 

納入調律が昭和44年9月12日。小学校1年生のときだ。それまではオルガンを習っていて、1年生からピアノにしたのは覚えている。でもピアノが来た日のことはまったく記憶にない。なんでも忘れちゃう人だけど、私がねだって買ってもらったはずなんだから少しは覚えてろよ!この事に限らず、親がしてくれたことのありがたみがわかってなかったなあ。高校に入ってからはほとんど練習してなかったのに、なんとなく辞める決心がつかなくてだらだら続けていた。レッスン料をドブに捨てていたようなもの。親は何も言わなかったけど、申し訳なかったと今になって思う。

 

それはさておき。。。自分のピアノの中を見ることはめったにないので、調律の様子をガン見。

大掛かりな楽器だよね。

 

鍵盤によって音が出にくい原因が違っていて、この場で修理できるのとできないのがあるということで、できるのはすぐ直してくれた。ハンマー部分(アクションというのか?)スポッと簡単に外せるのね。

どうでもいいけど、部品の色がいちいち絨毯と同じ(笑)。

 

アクションを外して弦がむき出しになったところ。

 

フレンジコードという糸が切れている鍵盤があって、切れていないのもボロボロらしい。一度換えたら(私があまり弾かない人だからかもしれないけど)多分一生持つということなので、この際だから交換してもらうことにした。これは持ち帰って修理。部品を持ち帰ることなんてあるんだね。良心的な料金でやってもらえた。

 

自分の部屋に置いていながらずっと見ない振りをしている後ろめたさは自分で思っている以上だったのかもしれない。「ピアノ売って~ちょうだ~い!」という有名なCMも「使わないなら売りなさい」と痛い所を指摘されているのが居心地悪く、直視できなかった。調律を終えてピアノが息を吹き返したのと同時に私の中の罪悪感も消え、埃をかぶっていた宝物を再発見したようなウキウキ感が続いている。

適当すぎる梅シロップ作り

毎年梅シロップを作っている友人がいる。よくご馳走になるし、瓶に入れて分けてくれたこともある。透明なレモン色で、炭酸水で割って飲むとすごくおいしい。

 

スーパーで色梅を売っているのが目に入り「そういえば氷砂糖が残ってたな」と、自分でも作ってみる気になった。どうせなら青梅が出ている時期にすればよかったんだけど、思いつかなかったのだ。このあたりから行き当たりばったりで最後までテキトーだったが、それなりに一応完成した。

参考にしたのはこれ↓

簡単、梅シロップの作りかた

 

買った梅は950g 。しかし氷砂糖を量ると550gしかなかった。400g足りないのでグラニュー糖で補うことにした。ただし100gだけ。なんとなく。

 

ヘタを取った梅を冷凍

砂糖と交互に瓶に詰める。。。が、全然入らな~い!

入れ直したりギューギュー押したりしたが、無理。しばらくして「融けるのを待てばいいのか!」なんで最初から気付かないかな。アホかと思う。大体、ヘタを取るときには皮を傷つけないように気を使っていたのに、この段階で力まかせに押し込んだら元も子もないだろう。まったく、我ながら。。。

融けたらすんなり入った。

翌日はこんな感じ

すでにだいぶ水分が出てきている。

 

何度かゆすって、一週間後

10日くらいで梅を取り出すらしいけど、砂糖が溶けるまで2週間かかった。

2週間後

さらしなどの布で濾すことになっているが、面倒なので濾さなかった。

900mlくらいできた。こんなに大量にできるとは思わなかった。濁ったハチミツ色。色梅なのと、皮に傷をつけてしまったのと、濾してないせいでしょう。味は悪くない。瓶に詰める前に弱火で15分火にかけるのを忘れてた。瓶から出してやり直すか思案中。

 

取り出した梅の実は種を取って水を加え、ブレンダーでドロドロにしてからジャムにした。これも悪くない。

今いちばん採れるのは

ささげ(ささぎ、とも言う)

f:id:blackiex:20180805183200j:plain

このくらいの大きさのが食べ頃。父が大好きで毎年たくさん植える。今年は少なめにしてもらった。それでもこんなだけど↓。

f:id:blackiex:20180805183548j:plain

ここ数日は毎日食べないと追いつかない。中の豆が大きくなってしまうとおいしくないので、若いのを採る。

 

ゴーヤは花が咲いている。

f:id:blackiex:20180805183840j:plain

早いものは実がついている。これで12センチ程度。

f:id:blackiex:20180805183959j:plain

 

ミニトマトは熟した上のから順に少しずつ採っている。

f:id:blackiex:20180805184140j:plain

真ん丸だけど、去年のアイコの実から採った種を植えたもの。

窓辺に放置したものは。。。

茎が細いので、壁に寄りかかっている。こんな劣悪な条件でよく実をつけるものだ。

江別市ガラス工芸館

札幌の隣町、江別はレンガの街だ。新聞で見たガラス工芸館の建物が見たかったので行ってみた。

 

レンガの建物に惹かれるのだ。祖父母が昔住んでいた家がレンガだったというのも関係あるかも。

 

ガラス作家、柿崎均さんの工房です。

一階には小振りな作品。

窓辺のガラスに日が当たって綺麗。レンガとガラスって、合う(表現が貧弱💦)。 

 

二階

30℃近くまで気温が上がった日だったので、二階は特に暑くて一瞬しかいられなかった。工房も冷房なしだそう。夏は過酷だ。

 

一階からガラス越しに地下の工房の様子が見える。

 

猫の足跡の箸置き(400円)を買った。

1000円に値下げされた薄~いグラスとかお買い得品もあった。綺麗だったけど、繊細過ぎて私には使えない。洗うときにパリン!とやっちゃいそう。

 

開館は土日祝日のみなので、注意。

ガラス工芸館 | 北海道江別市公式ウェブサイト

 

去年植えた紫陽花はどこへ?

この時期は紫陽花が見頃。咲きかけも綺麗だし、少しずつ色が変わっていくので毎日のように写真に撮っている。

 

去年、父の日のプレゼントとして買った品種不明の紫陽花(”ダンスパーティー”かも)を我が家の紫陽花エリアのどこに植えたのかわからなくなった。 

 

今年になって、蕾のうちはこれ↓かなと思ってた。

今はこんな風↓

 

ピンクだったのが青になるのは土のpHの違いであり得ると思うけど、去年の写真と比べると根本的に違うような気がしてきた。去年のは外側がピローンと伸びているのが特徴的で、花びらの形も違う。ここ数日で花の付け根が伸びてきているようにも見えるけど。。。

 

でもこれと似たようなのも前からあるんだよなあ。↓

 

去年植えたのが枯れたような形跡もないし、溶けてなくなるわけもなく。。。謎だ。

自家採種したトマトの成長記録 ⑤  隠れていた形質が出てきたのか?

アイコの種を自家採取して植えてできた実が大きくなるにつれ、アイコとは違う形の実が区別できるようになってきた。潜性(今は優性・劣性という言葉は使わず、顕性・潜性というらしい)の形質が現れてきたってこと?

「優性」「劣性」用語使わず 日本遺伝学会が言い換え :日本経済新聞

 

よく探すと、植えたすべての株にちゃんと実がついている。 

まずこれ。楕円がかっていて普通のアイコっぽい。色付きが一番早い株。

 

そして、典型的なアイコより丸いのがある。

 

さらに、シシトウみたいな変な形の。 

面白~い。まあ、これ↑なんかは生育環境が良くないとか、単なる突然変異なのかもしれないけど。

 

大玉トマトから採った種のは直径5cmくらいに成長。

 

苗で買ったもので色が付き始めたのは、オレンジパルチェという品種。

 

室内に残してほったらかしのも赤くなってきた。こっちの大玉は実がつかなかった。

 

食べてみて美味しかった株の実の種はまた採っておくつもり。

水を加えて作ってみた ~ 房スグリのジャム

去年も一昨年もあまり実がつかなかったレッドカラント(房スグリ)。今年はある程度実がついた。

奥の方に手を伸ばすと虫に刺されたりしそうなので、手前だけ。

実だけにして量ると350g。

 

今回はこの方のレシピを参考に、初めて水を少し加えて作ってみることにした。

レッドカラント(赤フサスグリ)ジャム by mipon 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが293万品

 

イクラみたい。。。砂糖は控えめに120gで。

 

早い段階で種を取り除いてしまうので、ちゃんととろみがつくか心配だったけど大丈夫だった。水があることでペクチンが抽出されやすいのかもしれない。サラサラしているから種も濾しやすいし、この作り方いい!

甘さも十分。これまでなんとなく、ジャムは水なしで作るとこだわっていたような気がする。でも水を加えたからといって薄まるわけではなく、種類によっては逆にうまくできることがわかった。

f:id:blackiex:20180719194252j:plain