読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「お母さん」なんて呼ばれたくない

ひっかかること

昨日(17日)の「徹子の部屋」で、ショックな出来事としてはるな愛が話していた。

21才年下の彼氏とロンドンのホテルに泊まったときのこと。そこの日本人スタッフに何度も「お母さま」と呼ばれたという。はるな愛はショックだと言いながらも面白おかしく話していたが。そのスタッフも親しみを込めたつもりなのだろう。でも誰に対しても「お客様」で済むことだろうに。

 

はるな愛の場合は親子だと思われて「お母さま」と呼ばれたわけだけど、最近テレビでは子供の有無にかかわらず、ある一定の年齢より上の他人を「お母さん」「お父さん」と呼ぶのをよく耳にする。芸能人などが田舎で会った人とかお店の人に「お母さんは~なんですか?」みたいに話しかけている。

 

そういう場面を見るたびに「この人、子供がいないかもしれないのに」と思ってしまう。例えば私がいきなり「お母さん」なんて話しかけられたら、違和感がハンパないと思うのだ。でも、そういう呼び方はやめてほしいとは言いにくい。やんわりと「私は子供がいないので、お母さんじゃないんですよ」と言ったらどうだろう。それでも小うるさくて大人気ない気もするし、言った人に気まずい思いをさせてしまいそうだ。温かみのあるいい言葉だと思って善意で使っているようなので指摘しにくいと思う。

 

そもそも日本語では英語の「YOU」に相当する言葉がないから不便なのだ。余程年下でない限り、知らない人に「あなた」では失礼だし。結局、「あなた」という言葉を避けて会話することになる。これが結構面倒だ。

 

昔は知らない人に平気で「おばあちゃん」などと言っていたことを考えれば、「お母さん」は「おばさん」「おばあさん」に代わる失礼のない言い方として広がったのかもしれない。でも「おばさん」や「おばあさん」が単に女性を年齢分けした呼び方なのに対し「お母さん」はやっぱり”子供がいる人”というイメージだ。一般にはもうそういう感覚はないのだろうか。私なら「おばさん」と呼ばれた方が抵抗ないだろう。「お母さん」は勘弁してほしい。

 

子供のいない「おばさん」世代の女性に訊いてみたい。もし他人に「お母さん」と呼ばれたら、どんな気持ちがしますか、と。

伸びすぎたアイビーを剪定

雑記

剪定というほど大袈裟なことでもないんだけど

f:id:blackiex:20170214184113j:plain

枯れて9月に植え替えたアイビー。

 

f:id:blackiex:20160906124039j:plain

こんなスカスカだったけど、無事に育っている。

ハダニにやられないよう、時々霧吹きで水をかけ、葉が混んでくるので2カ月に一回くらい伸びたつるを切っている。

f:id:blackiex:20170214184422j:plain

さっぱりしたねぇ。

 

f:id:blackiex:20170214184511j:plain

切ったつるの中で使えそうな部分は水に挿して根が出るのを待つ。

f:id:blackiex:20170214184611j:plain

ため込みすぎ?

暖かくなったら、アイビーもポトスも新しい鉢を増やしたい。

それまでに手頃な値段のいい鉢を探さなくちゃ。 

blackiex.hatenablog.com

 

きのとやのチーズタルトとソフトクリーム

飲食物

きのとやでケーキを買ったときに、カフェの「焼きたてチーズタルト+コーヒー」が300円(税別)になる平日限定クーポンをもらった。

f:id:blackiex:20170210180728j:plain

熱々で美味しい。飲み物はコーヒーか紅茶で、おかわりできるそうだ。

 

前回来たときは、時間が9:00~12:00と17:00~20:00限定なのを見落としていて(大きく書かれています)、このクーポンを使えなかった。

席についてしまってから「じゃあ、やめます」と帰るのもかっこ悪いので、前からちょっと気になっていた極上牛乳ソフト(360円・税別)を注文した。

f:id:blackiex:20170210180756j:plain

大きい!

滑らかで甘さ控えめなのはいいが、油分が舌にまとわりついて肝心の牛乳の味がわからない。後味もあまりすっきりしなくて、残念ながら美味しいとは思えなかった。千歳空港で人気らしいから、好みの問題なのだろう。

 

このクーポンのセットでもソフトクリームでも、利用するとまたクーポンをくれる(きりがない💦)。

 

私としてはもっとお勧めのソフトクリームがいくつかある。これなんか最高に美味しいよ。 ↓

 

やっぱり甘くない、ヒースロー空港の入国審査

イギリス

アメリカの入国禁止問題、ひどいよなあ。それとは別だけど、難民なんかはどこの国でも入国は至難の業だろうし、気の毒としか言いようがない。たまたまその国に生まれたばっかりに戦闘から逃げ回らなければならず、どこへ行っても受け入れられる保証はないなんて。。。

 

そんな悲惨な状況とは比べものにならないレベルの話だけど。。。

昔からヒースロー空港の入国審査が厳しいのはよく知られている。私がイギリスに語学留学した1980年代は、語学学校に行くのでも観光ビザで入国が可能だった。そして期限が近づくと一旦国外に出て入国し直す学生が多かった。でもヒースローだと厳しいので、船で地方の港から入るとか、工夫する人もいた。

 

私は語学学校の夏休みにギリシャとトルコを旅行し、呑気にヒースローから入ろうとしたら、入国審査で止められて別室に連れていかれた。もう30年も前のことではっきりとは覚えていないが、かなり待たされたと思う。その間に学校に連絡が行き、授業料を前払いしていたのと、たぶん学校側で擁護してくれたのだろう、ようやく入国が許可された。同じ学校でクラスは違ったが、入国拒否されて強制送還された日本人の女の子もいた。

 

その後、クリスマス休暇に友達とスペインに行き、ヨーク(だったかな?)の空港から入国したら、あっさり入れたが与えられた滞在期限は1カ月か2カ月で(記憶が曖昧)、その期間内にクロイドンの入国管理局へ行くように指示された。

 

入国管理局では朝イチで並んだが、いつ呼ばれるのか見当もつかず不安なまま待ち続けた。待合で話した人に「ずいぶん待ってるの?」と訊かれ「もう7時間も。。。あなたは?」と言うと「3日」。目眩がした。そこで待っていた人達の中に私のような立場の人は見当たらず、ほとんどはすでにイギリスに住んでいる移民らしかった。大変なんだなあ、と思ったものだ。

 

幸い、私はぎりぎりその日のうちにビザは延長してもらえたものの、期間はたったの1カ月。もっとイギリスに居たかったけど、泣く泣く帰国した。

 

でもその数年後、母と二人で旅行したときは入国審査官もにこやかで、すんなりと入国でき、更にその次にイギリスに行ったときは就労ビザを持っていたので、数回出入りを繰り返しても、もちろん”ノー質問”、”ノーストレス”だった。それで、留学時のヒースローでの苦い経験をすっかり忘れていた。

 

2013年に久し振りにイギリスに行った。入国審査のことは大して気に留めていなかった。たった2週間の滞在だし、宿の予約も取ってあり、もちろん帰りの航空券もある。それにもう50代だ。この年の日本人女性が不法就労目的でイギリスに入国しようとしていると思われるはずがない、と。

 

しかし甘かった。「観光で来た」と言うと、「一人で!?」と審査官に素っ頓狂な声を上げられ(そんなに珍しくはないだろうよ!)、訪れる場所、移動の交通手段など、根掘り葉掘りネチネチネチネチ、疑いの目で睨まれながら尋問され、不愉快極まりなかった。一体何を疑って、どんな人物の入国を阻止しようとしているんだろう。

 

既婚の友達は数カ月の滞在で行ったときも全然問題なかったと言ってたから、もしかしたら”独身で一人旅”というのがネックになっていたのか?イギリスで結婚相手を見つけて定住しようともくろんでると疑われてた?この年で?まさかね(笑)。

 

ただ、「観光」と答えたのはまずかったと後で思った。「コンサートのために来た」と具体的に言った方がよかったんだ、きっと。あと「入国審査では愛想良くしてた方がいい」とよく聞くけど、関係ないと思う。その程度のことは影響しないだろう。

 

でもこんな仕打ちを受けるのも、エコノミークラスで来て、どう見てもお金持ちには見えなかったからというのもあるんだろうな。しかも長時間のフライトだからと楽でラフな格好してたし。今度行く機会があったら、少しでも高そうに見える服装で飛行機に乗ることにするよ。

 

まあ、こんな嫌な目にあってもまだイギリスに行きたいと思ってるんだから、相当な片思いだよね。。。

リッチーのインタビュー Over Melbourne (1976年)

Blackmore 英語

何度も繰り返し聞いたと前に書いたリッチー・ブラックモアの40年前のインタビューCD(ブートです💦)。 


その内容がYouTubeにあった。


Ritchie Blackmore Interview on Melbourne Radio November 21 1976

 

訳は1995年の「Burrn!」誌別冊の「炎」という雑誌に所々省略されながらも一応載っている。

改めて「炎」の訳を見ると、ちょこちょこ変な所がある。私も全部聞き取れているわけではないが、気になる部分を何か所か挙げておこうと思う。

 

2:18 辺り 「炎」p.193上段

”それで今使っているトレモロ・アームの説明もつくのさ。”

.... acounts for the bad way that I play at the moment  に聞こえる

→ ”それで今の下手な弾き方の説明もつく” 

 

3:27  「炎」p.193下段

”短い時間しかやらない。”

it's shock tactics

→ ”ショック戦法だよ”

 

7:43  「炎」p.195上段

”ショーン・ペテンジングを心に浮かべて書いた曲だ。”

Man on the Silver Mountain was written with Serpa Tenzing in mind.

→ ”シェルパのテンジン(・ノルゲイ)をイメージして書いた曲だ。” 

ていうか、ショーン・ペテンジングって誰(笑)? もっとも、ここは私も何度も聞き返し、調べもして、やっとわかった部分。”ショーパテンズィン”って聞こえるんだよね。”シェルパ”を"sherpa"と綴ることも、テンジンも知らなかったし。固有名詞は(固有名詞だと気がつけばまだいいが)知らなかったらそれまでで、何度聞いてもわかるわけがない。

 

固有名詞といえば、この部分の最後に" Man on the Silver Mountain was written around Cadbury's chocolate bars basically." → ”マン・オン・ザ・シルバー・マウンテンは基本的にはキャドバリーのチョコレート・バーについて書いてるんだ。”と、面白くもないジョークを言っている(「炎」では省略されている)。Cadbury('s)自体は知ってたが「キャッブリッ(ジ)」と聞こえる音とつながらず、何のチョコレート・バーなのかずっと謎だった。ある時、イギリス人が雑談中に全く同じ言い方で「キャッブリッジ・チョッコリット・バー」と言った(ように聞こえた)。それで「えっ!?ナニナニッ!?今、何のチョコレートって言ったの!?」と聞き返してやっと判明したのだ。すっきりしたけど、わかってみればどーでもいいことだ。そのイギリス人はそんな所で急にガバッと身を乗り出して必死の形相で聞き返してくる私を相当変な奴だと思ったことだろう。 

 

12:15  「炎」p.197上段

”彼の首が落とされる裁判の時の裁判官の一人に手渡されたものだろう。何にしてもヘンリー8世の裁判に関わった誰かによって作られたんだ。”

Or it was written by one of his court jesters, and his head was cut off.  And he took the writing royalties (etc.?).  It came from the court, the people of Henry Ⅷ.

→ ”あるいは宮廷の道化が書いたもので、彼は斬首された。で、王が著作権など(?)を横取りした。(グリーン・スリーブスは)宮廷、つまりヘンリー8世の周辺の人が作ったものだ。”

 

15:20   p.197下段

”私は客観的に見ていたい。リスナーとしてもね。” 

I can't be objective.  It's for the listeners to actually say.

→ ”私は客観的にはなれないよ。実際に判断するのはリスナーだ。”

 

17:32  p.198下段

”時には、どうしてこうなったんだろうと思うこともある。”

Sometimes I wonder why I bother.

→ ”なんでこんなことを気に病むのかと思うこともある。”

 

23:43 p.200中段

”それに私がプレイするものをチェロ奏者が弾くところを観察するのも興味深いものがあった。2カ月間もね。”

It's quite interesting to see all (these?) cellists playing something that I played within 2 months.

→ ”私が過去2カ月以内に弾いたものをチェロ奏者が弾いているのを見るのは興味深いね。”

チェロ初心者のリッチーがつい最近自分のチェロで作ったフレーズをレコーディングの際にプロのチェリスト達が弾くのを見ての感想。

 

29:53  p.202下段

”向こうから誘いがあったのでそうなった。”

He is like God out there.  So we should be." 

→ ”彼はむこう(アメリカ)では神みたいなものなんだよ。だから(我々がサポートなのは)当然だろ。” 

「炎」の訳は、なぜそうなるのか理解に苦しむ。

 

33:47  p.204上段

”急いでスタジオ入りし、他の奴が何を考えているかなんて考えもしなかったんだ。”

...  jumping into the studio with no idea whatsoever.

→ ”(曲に関する)アイデアはこれっぽっちもないまま、スタジオに飛び込んでたんだ。”

 

35:45  p.205上段

”私はどうプレイしたいかを考え、バックでグレンに『こう弾いてくれないか』と頼まなくてはならなかった。”

I had to ask Glenn to play that on the fact that I would play one of his songs.

→ ”私も彼の曲を弾くのだからと、グレンにそれ(「ソルジャー・オブ・フォーチュン」)を弾いてくれるように頼まなければならなかった。”

on the fact の "on"の意味がよくわからないが、根拠や条件を表す意味かなと推測。

 

37:10  「炎」p.205中段

”私は保守的だから、今の労働法には賛成していない。”

I'm a Conservative.  And I will not work under the Labour rule.

→ ”私は保守党の支持者なんだ。だから労働党の政権下で仕事をするつもりはない。”

労働党の話が出てきているので、"conservative" は"保守的な人"というよりは"保守党支持"という意味だと思う。

 

45:10  「炎」p.208下段

”(トミー・ボーリンは)あまり体を動かすことに気が回らないようだが”

He is very unkind to his body.

→ ”彼は体を大切にしているとはいえないね” 

ドラッグのこと?

 

47:56  「炎」p.209最後

”それに従って生きていかざるをえないんだよ。”

Now I leave it at that.

→ ”このくらいでやめておくよ。”

 

インタビュアーは地元ラジオの関係者? ほぼファンのスタンスで素人っぽいせいか、リッチーが身構えずに答えている。

「経歴を話してください」との、あまりにもざっくりした要求をリッチーが(たぶん冗談で)断ると、インタビュアーは「...OK...」とあたふた。それをリッチーは気の毒に思ったようで、助け舟を出す様子なんかは、文字では伝わらない部分だ。

このインタビュアーが時々つまらない質問(誰々のことをどう思うか、など)をするのにうんざりするが、リッチーは意外にも辛抱強く答えている。彼の常識人としての一面が見られるインタビューだ。

原風景はがら~んとした原野

公園 好きな物

よく晴れて風もない。ウォーキング日和なので、久し振りに川下公園へ。

ちょうど1年前にもこの公園の写真を載せた。また同じような写真になった。

f:id:blackiex:20170125154723j:plain

今日は歩いている人が多く、歩くスキーやノルディック・ウォーキングの人とも何人かすれ違った。

 

f:id:blackiex:20170125154617j:plain

綺麗に除雪されていて歩きやすい。

f:id:blackiex:20170125154531j:plain

普通の歩道がこんな風に除雪された部分は凍ってツルッツルになっていることがあり、歩くにも注意が必要。でもここはふかふかの雪が降った後だし、すぐ下に氷の層もなさそうので滑る心配もない。

 

生まれてからずっと雪国に住んでいても、雪景色は見飽きない。本当に綺麗だといつも思う。

f:id:blackiex:20170125154437j:plain

し~んとしていて、がら~んとした、こんな風景が好きだ。

 

私の家の周辺は私が2,3歳の頃から急速に宅地化されたようだが、その頃の写真を見るとシベリアかと思うような所だ。おぼろげながらも、荒涼とした原野の記憶はある。

 

寒々とした景色や空気感が好きなのは、それが私の原風景だからかもしれない。

姫りんご酒ができた

料理

9月に作った姫りんご酒。

f:id:blackiex:20170118202116j:plain

オレンジがかったピンクで、淡いパパラチア・サファイアのような色。味は梅酒に似ている。

 

さかのぼると。。。

f:id:blackiex:20170118203930j:plain

5月に花が咲いて

f:id:blackiex:20170118204005j:plain

9月に実が生った。姫りんご酒を作るのは初めて。

f:id:blackiex:20170118204109j:plain

 

姫りんご酒 | 焼酎SQUARE

これを参考に、約半量で。

f:id:blackiex:20170118204157j:plain

9月28日

 

f:id:blackiex:20170118204355j:plain

11月17日でこんな感じ。実は取り出し、使えそうになかったので捨てた。レモンはまだ入れておいた。

 

2カ月でできるらしい。最近、できたお酒をキッチンタオルで濾して小さめの容器に移した。レモンはタッパーに。このレモン、酸味が完全に抜けて、意外といける。お酒は炭酸水で割ったりして飲んでいる。